コンテンツにスキップする
Photographer: Leon Neal/Getty Images Europe

EU、ロンドン経由のデリバティブ決済を容認-合意なき離脱でも

  • EU域内の業者はロンドンのクリアリングハウスを引き続き利用可能
  • LSEとICE、LMEが運営する決済機関へのアクセスを保証
LONDON, UNITED KINGDOM - JANUARY 23: The Houses of Parliament and the Elizabeth Tower, commonly known as Big Ben, are seen through the fog on January 23, 2017 in London, United Kingdom. Around 100 flights from airports around London have been cancelled due to the thick freezing fog covering the south of England. (Photo by Leon Neal/Getty Images)
Photographer: Leon Neal/Getty Images Europe

英国の欧州連合(EU)離脱を巡る一つの大きな悩みが正式に解決された。 EUのデリバティブ(金融派生商品)トレーダーは、英国が合意なしにEUを離脱する事態になっても、ロンドンに拠点を置くクリアリングハウス(清算・決済機関)を通じて、数兆ドル相当の取引を決済できるようになる。

  パリに本部を置く欧州証券市場監督機構(ESMA)は、「合意なき離脱」シナリオの下でも、英国以外のEU加盟27カ国の業者が、ロンドンのクリアリングハウスを引き続き利用できると18日に確認した。

  ESMAの今回の決定によって、 ロンドン証券取引所グループ(LSE)とインターコンチネンタル取引所(ICE)、ロンドン金属取引所(LME)が運営するクリアリングハウスへのEU域内企業のアクセスが保証される。これらの取引所グループは、商品に連動するデリバティブや金利スワップ取引の決済で中心的な役割を果たしており、 英国とEUの規制当局は、金融の安定を脅かしかねない市場の決壊を防ぐ意味で必要な動きだと説明した。

原題:Brexit Derivatives Maelstrom Averted With EU Access to London(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE