コンテンツにスキップする

トランプ大統領、ベネズエラ軍はマドゥロ大統領支持の撤回を

  • トランプ大統領はマイアミでの演説で社会主義批判を展開
  • 演説では民主党や同党政治家と社会主義を直接結び付けはしなかった
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

トランプ米大統領は18日、ベネズエラ軍にマドゥロ大統領支持をやめるよう呼び掛けた。マイアミでのこの日の演説で社会主義批判を展開したトランプ氏は、再選を目指す大統領選で民主党相手に同様の論陣を張る見込みだ。

  トランプ大統領はフロリダ国際大学で聴衆に向け、「われわれの半球、そして率直に言えば世界中の多くの場所で、社会主義はたそがれを迎えている」と発言。「ベネズエラだけでなく、ニカラグアやキューバでも社会主義と共産主義は余命いくばくもない」と指摘した。

  共和党は公的健康保険プログラムの拡充や気候変動対策を求める民主党案を社会主義的だと評してきた。トランプ大統領は今月の一般教書演説で、ベネズエラのマドゥロ大統領の例を挙げ、社会主義や米国のリベラル派の政策の危険性を警告。18日の演説では民主党や同党政治家と社会主義を直接結び付けはしなかったものの、社会主義が広がるのを防ぐと繰り返し言明。社会主義が米国で広がることは「絶対にないだろう」とし、「社会主義は歴史と人間の本質への無理解に根差した、疑わしく嘆かわしいイデオロギーであり、だからこそ社会主義は最終的には独裁政治を生まざるを得ず、独裁政治を行うことになる」と語った。

原題:Trump Demands End to Maduro Regime in Broad Attack on Socialism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE