コンテンツにスキップする
Photographer: Jack Taylor/Getty Images

メイ首相の時間切れ迫る、法的保証協議-「神の手の中」とユンケル氏

  • 国内では最大野党・労働党から7人が離党し、政治的展望が変化
  • 合意なき離脱の排除を求め閣僚らが協調して首相に詰め寄る動きも
Elizabeth Tower, commonly known as Big Ben and the Houses of Parliament on January 16, 2019 in London, England.
Photographer: Jack Taylor/Getty Images

英政府と欧州連合(EU)の当局者は、最大の懸案であるアイルランド国境の「バックストップ(安全策)」の恒久化回避に向けた保証について、新たな法的文書に関する協議を続けているが、離脱合意案への一致した支持を求め、立場を異にする英議員らの説得に動くメイ英首相に残された時間は少ない。

  EUから譲歩を取り付けるため、メイ首相が担当閣僚を各国に派遣する中で、国内では英最大野党・労働党から7人が離党したことが明らかになった。これにより政治的展望が変化し、EU離脱を巡る首相の計算もより難しくなる。さらに閣内でも「合意なき離脱」という危険な選択肢を排除するよう一部の閣僚らが協調して首相に詰め寄る動きも出ている。

  このような分裂と混乱を受けて、EUの行政執行機関である欧州委員会では、離脱延期の可能性があらためて提起される状況となっている。

UK Prime Minister Theresa May Formalizes Brexit Agreement

ユンケル欧州委員長

写真家:Jasper Juinen / Bloomberg

  欧州委のユンケル委員長は独紙シュツットガルター・ツァイトゥングに対し、「われわれは神の手の中にある。裁判に出廷しているか、大海原に出ているような状況だ」と述べた。

  バークレイ英EU離脱担当相とコックス法務長官は妥協の余地を探るため、EU当局者らと18日にブリュッセルで会談した。離脱プロセスの主導権をメイ首相から奪う方向に英議会が動くと予想される27日の下院での審議・採決までの時間しかメイ首相には残されていないと首相の周辺は考えている。

  事情に詳しい複数の関係者によると、英離脱担当相と法務長官は20日にブリュッセルに戻り、バックストップの恒久化を避ける新たな保証を巡り、的確な法律用語・形式を探る話し合いを行う予定だ。

原題:Brexit Negotiators Are Said to Work on New Text as Time Runs Out(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE