コンテンツにスキップする

EU、離脱合意案の明確化なら「喜んで」提供へ-再交渉は否定

  • 欧州委員会のシナス報道官が記者団に語った
  • メイ英首相は今週、ユンケル欧州委員長と会談する

欧州連合(EU)は18日、離脱合意案について英議会での過半数支持の獲得に寄与する説明なら「喜んで」提供すると表明した。ただ、再交渉は選択肢にないとあらためてくぎを刺した。

  同案への支持確保に向けた土壇場のEUとの交渉で陣頭指揮を執るメイ英首相は今週、ユンケル欧州委員長と会談する。一方、バークレイ英EU離脱担当相はEUのバルニエ首席交渉官との協議を継続する。

  EUの行政執行機関である欧州委員会のシナス報道官は18日にブリュッセルで記者団に対し「離脱合意案の再交渉を伴わずに状況を明確にできることがあれば、われわれは喜んで再考する」と発言。EUの目標は「われわれの英国のパートナーが下院で過半数支持を獲得するのを手助けする」ことになろうと説明した。

  英議会は先月、メイ首相がEUと取り決めた離脱合意案を否決した。財界指導者らは英国がEUとの合意がないまま3月29日に離脱する可能性やその経済的影響への懸念を強めている。

原題:EU ‘Happy’ to Try to Clarify Brexit Deal, But No Renegotiation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE