コンテンツにスキップする
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

ドイツ経済、少なくとも今年前半は抑制されたペース続く

  • 企業の景況感悪化が企業投資の妨げになる恐れがあると月報
  • 堅調な雇用市場と力強い賃金の伸びが個人消費を後押しすると予測
New Ford Fiesta automobiles hang in cradles on the assembly line at the Ford Motor Co. factory in Cologne, Germany, on Wednesday, Feb. 13, 2019. The automaker said last month when announcing thousands of job cuts across Europe that it would merge its U.K. head office with a nearby technical center to cut costs, while warning that measures in the event of a no-deal Brexit would be significantly more dramatic.
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

ドイツ連邦銀行は、同国の経済成長が少なくとも今年前半は抑制されたペースにとどまる可能性が高いと予想した。企業の景況感悪化が企業投資の妨げになる恐れがあるが、心配する理由はないとした。

  ドイツ連銀は18日公表した月報で、「減速が下降に変わる兆候はない」と分析。昨年生産を抑制した自動車業界の問題など一時的な影響は収まっているとした上で、堅調な雇用市場と力強い賃金の伸びが個人消費を後押しすると予測し、財政刺激策が支出をさらに押し上げるとの見通しを示した。

  その一方で、自動車産業以外の製造業受注については、冬季の数カ月間に勢いが上向く兆候は見られないと指摘した。ドイツの昨年10-12月(第4四半期)の実質GDP(国内総生産)成長率は前期比横ばいとなり、リセッション(景気後退)入りを辛うじて回避していた。

Germany’s economy stagnated in the fourth quarter of 2018

原題:Bundesbank Expects German Growth to Continue at Subdued Pace(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE