コンテンツにスキップする

トランプ大統領、国連大使にゴールドマンのパウエル氏ら4人検討

The United Nations (UN) logo is displayed outside the organization's headquarters in New York, U.S., on Friday, April, 27, 2018.
The United Nations (UN) logo is displayed outside the organization's headquarters in New York, U.S., on Friday, April, 27, 2018. Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg
The United Nations (UN) logo is displayed outside the organization's headquarters in New York, U.S., on Friday, April, 27, 2018.
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

トランプ米大統領は次期国連大使に、元大統領副補佐官で現在は米ゴールドマン・サックス・グループのパートナー、ディナ・パウエル氏ら4人を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。このほかクラフト駐カナダ大使、グレネル駐ドイツ大使、元共和党上院議員候補(ミシガン州)のジョン・ジェームズ氏の名前が挙がっているという。

  大統領が最終的に決断していないとして、同関係者は匿名を条件に述べた。ホワイトハウスの当局者らはまた、誰も有力候補が表れない場合は大統領の長女で大統領補佐官を務めるイバンカ氏の指名についても協議した。

  ナウアート氏、次期米国連大使の指名辞退-移民の雇用巡る疑惑浮上

原題:Trump Said to Consider Powell, Craft, Grenell, James for UN Job(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE