コンテンツにスキップする

プラートECB理事:見通し悪化ならガイダンスの調整は可能ー独BZ

欧州中央銀行(ECB)のチーフエコノミストであるプラート理事は、一段の景気減速への即時対応策として利上げ計画を後退させることが可能だと述べ、他の金融政策当局者と同じく景気減速への懸念を示唆した。

  プラート理事はドイツ紙ベルゼン・ツァイトゥング(BZ)とのインタビューで、「ユーロ圏経済が一段と減速すれば、金利に対するフォワードガイダンスを調整し、他の手段で補完することが可能だろう」と発言。「しかし1つ明確なのは、ECB政策委員会は必要に応じて取るべき方法や手段を常に見つけ出すことだ」と続けた。

Euro-area economic numbers have surprised to the downside

原題:Praet Says ECB Could Change Rate Guidance If Outlook Worsens (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE