コンテンツにスキップする

英銀バークレイズ、米タイガー・グローバルが投資を引き揚げー関係者

ヘッジファンドの米タイガー・グローバル・マネジメントが英銀バークレイズの持ち株を全て手放した。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。バークレイズにとってタイガーは大株主の1社だった。

  タイガーはバークレイズの株式約2.5%を保有していた。その大半がデリバティブでの保有だったが、タイガーはそのポジションを失効させる形でバークレイズの持ち分を解消したという。スワップ取引を使ったため、投資とその後の売却を公に届け出ることはないと、匿名を条件に同関係者は述べた。

  英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)はこれより先、タイガーが昨年からバークレイズのポジション縮小を開始したと、関係者の情報を基に報じていた。関係者の氏名は明らかにされていない。バークレイズ、タイガーはいずれもコメントを避けた。バークレイズは21日に通期業績を発表する。

  英バークレイズの持ち分、タイガー・グローバルが全て手放す-FT紙

原題:Tiger Said to Have Exited Barclays Investment Ahead of Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE