コンテンツにスキップする

トランプ氏、コミー氏解任の文書でロシア言及望んだ-前FBI副長官

  • マッケイブ氏が「60ミニッツ」のインタビューで語った
  • 大統領は北朝鮮のミサイルを巡りプーチン氏の発言を信じた

アンドルー・マッケイブ前米連邦捜査局(FBI)副長官は17日放送されたCBSの番組「60ミニッツ」で、トランプ米大統領がジェームズ・コミー前FBI長官解任に関する文書でロシア疑惑捜査への言及を望んだと話した。また北朝鮮のミサイル能力について米国の情報機関よりロシア大統領の発言を信じたとも述べた。

  事前に収録されたインタビューによると、コミー氏の解任理由に関する文書でローゼンスタイン米司法副長官は2016年米大統領選へのロシア介入疑惑捜査への言及を望まなかったが、トランプ大統領はそうするよう主張した。

  ローゼンスタイン副長官は「文書にロシアを入れる必要がないことを大統領に説明したが、大統領は『それは分かるが、とにかくロシアを文書に入れてほしい』と答えた」と、マッケイブ氏は語った。結局、同副長官は文書でロシアに言及しなかったが、トランプ大統領はその直後のNBCとのインタビューで、ロシアとの関連について触れている。

  マッケイブ氏はまた、北朝鮮が米国を射程に収める弾道ミサイルを保有していないとロシアのプーチン大統領から伝えられたとして、トランプ大統領が北朝鮮による米国へのミサイル攻撃の可能性を信じていないと話すのをFBI当局者が聞いたという案件にも言及した。ただこの当局者の名前は明らかにしなかった。

  「情報当局者らはブリーフィングで米政府が持っている情報とは全くかみ合わないと説明したが、大統領は『私は気にしない。プーチンを信じる』と答えた」といい、「まさに驚くべき発言だ」とマッケイブ氏は語った。

  CBSはコミー氏が解雇されて間もなくロシア疑惑がもみ消されないようマッケイブ氏が捜査を開始したことなど、インタビューの一部を既に放送している。

原題:Trump Wanted Russia in Memo Firing Comey, Former FBI Leader Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE