コンテンツにスキップする

バークシャー、苦境のカナダ・エネルギー業界に投資-サンコア株取得

  • バークシャーは3億90万ドル相当のサンコア株を取得
  • 以前もサンコア株を保有していたが16年に売却
ウォーレン・バフェット氏

ウォーレン・バフェット氏

Photographer: Scott Eells/Bloomberg
ウォーレン・バフェット氏
Photographer: Scott Eells/Bloomberg

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは、苦境にあるカナダのエネルギー業界に投資する。同国のオイルサンド事業会社サンコア・エナジーの株を取得した。

  14日の届け出によると、同社が取得したサンコア株1080万株の時価総額は3億90万ドル(約330億円)。同社がサンコア株を所有するのは少なくとも2回目。バークシャーは以前サンコア株2230万株を保有していたが、2016年に売却していた。

  カナダの石油生産各社は昨年半ばから混乱に見舞われている。パイプラインのボトルネックが国内原油価格の急落を招いたためだ。この混乱でサンコアの株価は打撃を受け、昨年12月後半には2年ぶり安値まで下落した。

  カナダ産原油とサンコア株はここ数週間で回復している。アルバータ州政府が州内の生産業者に減産を義務付けたことが背景。また、サンコアは原油値下がりの恩恵を受ける製油部門が大きいため、各社の中でも混乱を切り抜けるのにベストなポジションにあると見られる。

原題:Berkshire Wades Into Struggling Canada Oil Patch With Suncor Bet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE