コンテンツにスキップする

マスク氏、共同創業のオープンAIから撤退-方向性巡り意見相違

  • 16年に共同創業も、昨年2月に取締役を退いている
  • オープンAIは先週、偽ニュース作成ソフトのデモを行った
イーロン・マスク氏

イーロン・マスク氏

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
イーロン・マスク氏
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米電気自動車(EV)メーカー、テスラの最高経営責任者(CEO)を務めるイーロン・マスク氏は、人工知能(AI)の研究を手掛けるオープンAIから手を引くことを決めた。同社の今後を巡る意見の相違が理由だという。

US-SPACE-AEROSPACE-SPACEX-MOON-JAPAN-PEOPLE

イーロン・マスク氏

写真家:David McNew / AFP - ゲッティイメージズ

  マスク氏は、テスラや宇宙開発ベンチャー企業のスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)が抱える「エンジニアリング・製造上の非常に多くの問題」に集中する必要があると指摘。1年以上にわたってオープンAIに「密接に関わって」いないとも述べた。マスク氏は昨年2月に同社の取締役を退いている。

  マスク氏が2016年に共同創業したオープンAIは今週、数個の情報から本物に見える偽ニュースを作成できるソフトウエアのデモを行った。悪用される懸念から同ソフトの最先端バージョンの発表や公開は見送る決定を行ったが、同ソフトのアルゴリズムを利用者が試せるツールは作成済み。

原題:Elon Musk Left OpenAI on Disagreements About Company Pathway(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE