コンテンツにスキップする

米ウーバー:10-12月期はなお赤字、売上高の伸び鈍化

  • 売上高は前年同期比25%増、前期は38%増-赤字は8億ドル超
  • 18年通期は赤字縮小も、赤字幅はなお10億ドル上回る

配車サービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズの2018年10-12月(10-12月)決算は、売上高の伸びが鈍化し、損益は依然として赤字だった。今年の新規株式公開(IPO)に向け準備を進める同社に影を落とす恐れがある。

  10-12月の赤字は一般的な会計基準で8億6500万ドル(約956億円)。売上高は前期比2%増の30億ドル。前年同期の増収率は25%と、7-9月(第3四半期)の38%を大きく下回った。ただ、7-9月の伸びも半年前のほぼ半分に鈍化していた。

  18年通期の損益は調整後ベースで18億ドルの赤字と、赤字額は前年比で15%減少。昨年、ウーバーのIPO幹事の座を狙うバンカーらの間で同社の企業価値は1200億ドルとみられていたが、通期の赤字がなお10億ドルを超える水準にあるとのニュースを受け、躊躇(ちゅうちょ)する投資家も出てくる可能性がある。通期の純売上高は114億ドルだった。

Uber by the numbers

原題:Uber Revenue Growth Slows, Losses Persist as 2019 IPO Draws Near(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE