コンテンツにスキップする

メルケル首相:ドイツ車が安保上のリスクとの米政権の主張に反論

  • BMWの最大の工場は米サウスカロライナ州にあるとメルケル首相
  • 「安保上のリスクとされるならショックだ」-ミュンヘンで演説

メルケル独首相は16日、ミュンヘン安全保障会議で演説し、欧州の車は米安全保障上のリスクだと米政権が示唆したことに「ショック」を受けたと述べ、トランプ大統領を非難した。

  メルケル首相は多国籍企業を強く擁護。世界貿易の促進と協調を呼び掛けるとともに、独自動車大手BMWの最大の工場は同社発祥の地であるバイエルン州ではなく、米国のサウスカロライナ州にあると指摘した。

  メルケル首相は「われわれはドイツの車に誇りを持っている」とした上で、「われわれは誇りを持つことが許されている。そしてこれらの車は米国で生産されている」と発言。「リスクという点ではバイエルン州で生産された車と変わりないこれらの車が突如、米安全保障上のリスクとされるなら、それはわれわれにとってショックだ」と述べ、会場から喝采を浴びた。

  ドイツのシンクタンク、Ifo経済研究所が15日公表したデータによると、ドイツ車に制裁関税が課されればドイツには打撃となる。同データによれば、米国が25%の恒久的な関税を課した場合、ドイツの対米自動車輸出はおよそ50%に相当する約170億ユーロ(約2兆1200億円)減少する可能性がある。

原題:Merkel Rejects Trump Claims That German Cars Are Threat (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE