コンテンツにスキップする

サウジアラムコ起債でBNPやMUFG、みずほFGも幹事に

  • スタンダードチャータードも幹事の一角を占める可能性が高い
  • 起債の規模は100億-150億ドルになる公算-アナリストら
Exclusive: Inside Look At The Saudi Aramco Oil Company
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
Exclusive: Inside Look At The Saudi Aramco Oil Company
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコによる国際市場での起債で、スタンダードチャータードとBNPパリバも幹事の一角を占める可能性が高いことが、事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。

  情報が非公開であることを理由に匿名で語った関係者によれば、サンバ・ファイナンシャル・グループやガルフ・インターナショナル・バンクのほか、三菱UFJフィナンシャル・グループとみずほフィナンシャルグループも起用される方向だ。ただこうした銀行はまだ正式には通知を受けていないという。サウジアラムコはコメントを控えた。

  化学製品を手掛けるサウジ基礎産業公社(SABIC)の過半数株式取得に向けた資金確保を目指すサウジアラムコは、同社初の国際市場でのドル建て債発行を担当する銀行として、JPモルガン・チェースとモルガン・スタンレーを選定したと、事情に詳しい複数の関係者が14日明らかにした。
  
  ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は先月、サウジアラムコがSABICの取引に絡み約100億ドル(約1兆1000億円)を調達する可能性があると述べていた。今月14日時点でのファンドマネジャーやアナリストの見方によると、起債の規模は100億-150億ドルになる公算。実施時期は上期が見込まれていると、事情に詳しい複数の関係者は先週語っている。

原題:StanChart, BNP Among Banks Said to Be Added to Saudi Aramco Bond(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE