コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ECBはデータを注視、経済の減速「顕著」で-ビルロワドガロー氏

A sightseeing boat travels on the River Main past the European Central Bank (ECB) skyscraper headquarters, right, at dusk in Frankfurt, Germany.
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、ビルロワドガロー・フランス中銀総裁は、欧州経済の減速は「顕著」であり、減速が一時的な現象でないことが明確になった場合、ECBは金利ガイダンスを変更し得るとの見解を示した。

  2018年末における欧州経済の脆弱(ぜいじゃく)さは、政策当局者の間で驚きをもって受け止められた。イタリアはリセッション(景気後退)入りし、ドイツは辛うじてリセッション入りを免れた。ECBはこれまで、金利を少なくとも夏の終わりまで現行水準で据え置くとの方針を示しており、それ以降に利上げする可能性が示唆されている。

  ビルロワドガロー氏はスペイン紙パイスとのインタビューで、低調な経済データにより今夏終了後の利上げの可能性が低下するかとの問いに対し、ECBはデータを注視すると答えた。

  同氏は「重要な問題は減速が一時的なものかどうかだ。年内に持ち直すのか、それとも減速が長く続くのかということだ」と述べた。

原題:ECB Eyes Data as Slowdown Proves Significant, Villeroy Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE