コンテンツにスキップする

米XPOロジスティクス株が急落-最大顧客との取引縮小など響く

米物流会社XPOロジスティクス株価が15日の米市場で急落した。欧州での需要鈍化と、最大の顧客との取引が縮小したことを理由に2019年利益予想を引き下げたことが響いた。利益予想の修正はここ2カ月で2回目となる。

  XPOはこの顧客の名前を特定しなかったが、米アマゾン・ドット・コムにほぼ間違いないとアナリストや業界コンサルタントは指摘した。アマゾンは外部の運送業者や物流会社への依存度を下げるため、自社での小包配達事業を構築している。

  XPOのブラッド・ジェイコブス最高経営責任者(CEO)は15日、決算に関するアナリストとの電話会議で「フランスと英国での弱さについて誤算があり、12月には当社最大の顧客が郵送事業を取りやめた」と述べた。

XPO is trading at less than half its peak

  ジェイコブスCEOによると、この最大顧客は取引を3分の2縮小し、米郵政公社向けの小包処理・転送などの業務で6億ドル(約660億円)の収入減となった。フランスの事業は「黄色いベスト」抗議行動が重しとなった。

  XPOの15日終値は12.7%安の51.97ドル。一時は20%余り下げた。

  同社は19年のEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)について16億5000万-17億3000万ドルとの見通しを示した。これは前年比で6-10%の伸びに相当するが、2カ月前には最大15%の伸びとの見通しを示し、それまでの最大18%の伸びから下方修正していた。

原題:XPO Sinks as Analysts Link $600 Million Shortfall to Amazon (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE