コンテンツにスキップする

独アリアンツ:10-12月に4兆円近く資金流出、顧客が市場の変動嫌気

  • 運用資産は510億ユーロ減少、7-9月の資金流入から一転
  • 資産運用部門の営業利益は9.1%減、成果報酬の低下などで

ドイツの保険会社アリアンツは、昨年10-12月(第4四半期)の市場のボラティリティーに投資家が逃げ出し、資金流出が急増したと明らかにした。同社は資産運用会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)を傘下に持つ。

  第4四半期にはアリアンツ・グローバル・インベスターズとPIMCOを合わせて310億ユーロ(約3兆8600億円)の資金が純流出し、運用資産額は510億ユーロ減少した。7-9月(第3四半期)は150億ユーロの純流入だった。

  発表によると、アリアンツの資産運用部門の10-12月営業利益は9.1%減の6億3300万ユーロ。成績連動運用報酬の低下と費用の増加が響いた。

株主還元策とPIMCOの資金流出入について話すアリアンツのテルザリオルCFO

(出典:ブルームバーグ)


  • アリアンツの第4四半期、通期の決算報告書はこちら



原題:Allianz Says Investors Pulled $35 Billion of Funds (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE