コンテンツにスキップする

ゴジェック:投資銀行に助言求める、30億ドルの資金集めで-関係者

  • 新規の投資家から最大20億ドルの獲得を目指す公算と関係者
  • 三菱商事も新たに資金を提供とブルームバーグが先に報じていた

インドネシアの配車サービス会社ゴジェックは、資金調達に絡みアドバイザーの選択を進めている。事情を知る関係者が明らかにした。スタートアップ企業としてはインドネシアで最も企業価値の高い同社は、競争の激しい東南アジア市場での事業拡大を図っている。

  ゴジェックはすでに進行中の資金調達で複数の投資銀行に対し提案を求めている。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。新規の投資家から最大20億ドル(約2200億円)の獲得を目指し、現在の調達ラウンドで集める総額が30億ドル前後に達する可能性があるとしている。ゴジェックの担当者はコメントを控えた。

  ブルームバーグ・ニュースは今月、最新の資金調達ラウンド「シリーズF」の第1弾として10億ドル強を集めたと報じた。グーグルやJDドットコム(京東)、テンセント・ホールディングス(騰訊)など既存の投資家に加え、今回は三菱商事やプロビデント・キャピタルも参加した。

Record Fundraising

Internet firms raised $9.1 billion in the first half of 2018 vs $9.4 billion in all of 2017

Google, Temasek report

Note: *2018 figure is for the first half of the year

原題:Go-Jek Said to Field Bank Pitches Amid $3 Billion Funding Drive(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE