コンテンツにスキップする

中国の滴滴出行が大規模な人員削減に着手へ、事業見直しで

  • 全従業員の約15%に相当する2000人前後を減らす
  • 海外事業の拡大や安全性などでは2500人採用-共同創業者の程維氏
Coatue Hedge Fund Bets on Didi, China's Apple-Backed Uber Rival
Photographer: Qilai Shen/
Coatue Hedge Fund Bets on Didi, China's Apple-Backed Uber Rival
Photographer: Qilai Shen/

中国で配車アプリを展開する滴滴出行は全従業員の約15%に相当する2000人前後を減らす。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。中国のテクノロジーセクターでは最大級の人員削減となる。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、共同創業者の程維氏は15日に開いた社内ミーティングで今回の削減計画を発表。必要に応じて一部の事業を再評価し縮小すると説明したという。滴滴は2019年に他の分野で採用を増やす方針だと関係者は述べた。

  同関係者によれば、程氏は海外事業の拡大や安全性、プロダクトエンジニアリングの分野を中心に2500人を採用する考えも示した。この結果、19年末までに従業員数は昨年末の1万3000人とほぼ同水準となる見込み。

原題:Didi Is Said to Start Major Job Cuts as It Overhauls Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE