コンテンツにスキップする
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

ヘッジファンド、米株保有が減少-パフォーマンス保護でリスク圧縮か

  • アパルーサの米株保有は64%減、サード・ポイントは半分に減らす
  • S&P500種株価指数の下落率は14%-18年10-12月期
The AEX Index curve is displayed on a screen inside the Amsterdam Stock Exchange, operated by Euronext NV, in Amsterdam, Netherlands, on Monday, Jan. 7, 2019. European equities erased earlier gains as food and health care shares declined and optimism stemming from China's monetary easing evaporated.
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

ヘッジファンド業界では年間成績が2011年以来の最悪に向かっていた18年10-12月(第4四半期)に、パフォーマンスを守ろうとする運用担当者らがポートフォリオのリスクを軽減したもようだ。

  14日の届け出によると、多くのファンドの米国株保有高が減った。減少は、市場混乱の中での株価下落による部分もあれば、リスク軽減あるいは解約請求への対応のために保有株を売ったことによる部分もあったとみられる。

  ヘッジファンド業界をモニターするバークレイヘッジによれば、投資家は18年に423億ドル(約4兆6700億円)を引き揚げた。少なくとも5年で最大だという。

  デービッド・テッパー氏のヘッジファンド、アパルーサ・マネジメントは10-12月期に米国株保有を大幅に減らした。期末の保有高は64%減の20億2000万ドル。S&P500種株価指数の下落率は14%だった。ダニエル・ローブ氏のサード・ポイントの株式保有も同期にほぼ半分の60億ドルを減らした。

原題:Hedge Funds From Appaloosa to Third Point Slash Stocks: 13F Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE