コンテンツにスキップする

米国株上昇は5月まで持続も、出遅れ組の参戦で-コラノビッチ氏

  • 株価値上がりでも、大方の投資家の株式エクスポージャーは低め
  • 上昇が続きボラティリティーが後退するにつれ強気派が増える公算

JPモルガン・チェースのマルコ・コラノビッチ氏は、多くの懐疑的な投資家が昨年のクリスマス後の米株価上昇の波にまだ加わっていないとして、現在の上昇局面は5月まで続く見込みだと指摘した。

  米S&P500種株価指数は昨年12月の安値から17%上昇しているにもかかわらず、資金フローやポジションのデータを見ると、ヘッジファンドや個人投資家、コンピューターを駆使するトレーダーの株式エクスポージャーは過去の例に比べると低めだ。株価の値上がりが続きボラティリティーが後退するにつれ、そうした投資家が強気派に転じ、上昇局面の持続に貢献するとコラノビッチ氏は分析している。

No conviction during equity gains means more market upside to JPMorgan

  同氏は顧客向けリポートで「ボラティリティーに敏感な運用担当者やトレンド重視の投資家、大方のヘッジファンドや個人投資家」などは「リスクを取る姿勢に戻らず、上昇局面の大部分を逃した」と指摘。こうしたファンドがいったん守りの姿勢から脱却し始めれば、投資家も追随するはずだとし、「この再びレバレッジを取るサイクルは今から5月ごろまで続く可能性がある」との見方を示した。

原題:JPMorgan’s Kolanovic Says S&P 500 Rally Might Last Through May(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE