コンテンツにスキップする

トランプ大統領、壁建設で約70億ドルの連邦資金を転用する計画

  • 予算案に含まれる障壁建設資金を合わせると80億ドル超に
  • 大統領権限を巡る長期にわたる法廷闘争を招く恐れも
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: T.J. Kirkpatrick/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: T.J. Kirkpatrick/Bloomberg

トランプ米大統領は、メキシコ国境沿いに物理的な障壁を建設するため70億ドル(約7720億円)近い連邦資金を転用する計画だ。ホワイトハウス当局者が明らかにしたもので、大統領権限を巡る長期にわたる法廷闘争を招く恐れがある。

  同当局者によれば、トランプ氏は非常事態を宣言して連邦資金の一部を転用するほか、通常の大統領権限を利用してその他の資金を活用する。こうした資金は全て、他の用途で議会に承認されたもの。決定の未発表を理由に匿名で語った。大統領がどの資金源を使う計画かは明らかにしなかった。

  トランプ大統領は15日、国境沿いに55マイル(約88.5キロメートル)の障壁を新設する資金13億7500万ドルを盛り込んだ予算案に署名する見込み。これを合わせると総額は80億ドルを超える。

原題:Trump Is Said to Plan $8 Billion for Wall Invoking Own Authority(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE