コンテンツにスキップする

シンガポール:10-12月GDP、前期比1.4%増-速報値から下方修正

  • 速報値は1.6%増-市場予想は1.5%増
  • 18年の経済成長率は3.2%と、2年連続で3%を上回った

シンガポールの2018年10-12月(第4四半期)の経済成長率は速報値から下方修正された。米中貿易摩擦や世界的な需要鈍化が響き始めていることが示された。

  10-12月期の国内総生産(GDP)改定値は前期比年率1.4%増。政府が先月発表した速報値は1.6%増だった。ブルームバーグが調査した市場予想の中央値は1.5%増。前年同期比では1.9%増だった。

Electric Slide

Fading technology demand weighs on Singapore's export orders

Source: Enterprise Singapore

  18年の経済成長率は3.2%と、2年連続で3%を上回った。リー・シェンロン首相は19年に1.5-3.5%の成長を予想しているが、当局者は米中通商協議の結果を懸念している

原題:Singapore’s Economy Expands at a Weaker Pace Than Estimated(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE