コンテンツにスキップする

ケント豪中銀総裁補佐:最近の豪ドル下落は経済成長に幾分の追い風

  • 経済の余剰能力や物価動向踏まえると豪ドル下落は「そこそこ有益」
  • TWIでのここ数カ月の下落は円と人民元の上昇が主因

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のケント総裁補佐は15日、最近の豪ドル下落は国内外の要因を受けたものだが、同国の経済成長には幾分の追い風になっているとの見解を示した。

  ケント総裁補佐はメルボルンでの講演で、「豪ドルはここ数年間の比較的狭いレンジになお収まっており、経済に引き続き余剰能力があることや物価上昇率が目標を下回る水準にあることを踏まえると、最近の下落はそこそこ有益だ」と述べた。

  豪ドルがここ数カ月に貿易加重指数(TWI)ベースで約4%下落したことについては、同指数の計40%近くを占める円と人民元の上昇を主に反映していると指摘。「円上昇は、世界の金融市場が『リスクオフ』の流れとなった時期に日本の投資家が国内に一部資金を回帰させる傾向によるものかもしれない」と語った。

  政策金利の次の動きについては、豪州の短期金融市場が「上がるよりは下がる可能性が高い」との見方に転換したとの認識も示した。

Aussie's decline has been useful, says RBA

原題:RBA’s Kent Says Recent Aussie Dollar Drop ‘Helpful’ to Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE