コンテンツにスキップする

米上院、バー司法長官を承認-モラー特別検察官の捜査に影響も

  • モラー氏のロシア疑惑捜査の監督を忌避するかどうかが最初の焦点に
  • バー氏は1991-93年にも米司法長官を務めた経歴を持つ

米上院は14日、トランプ大統領から司法長官に指名されたウィリアム・バー氏の人事を承認した。 党派的な批判に悩まされる司法省を統括するとともに、2016年米大統領選へのロシアの介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査の行方について根本的な決断を迫られる。

  採決結果は賛成54、反対45だった。バー氏(68)は1991-93年にジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の政権下で司法長官を務めた経歴を持つ。

  バー氏は司法長官就任により、移民や反トラスト法政策などの問題で影響力を持つことになるが、最初に決めなければならないことの一つは、モラー特別検察官のロシア疑惑捜査の監督を忌避するかどうかになる。

  同氏は先月の指名公聴会では、忌避を約束することは控え、職業倫理担当官に助言を求めると述べていた。民主党は、バー氏が捜査に関してペンス副大統領と「一般的な会話」を交わしたと認めたことに懸念を表明。トランプ大統領によるコミー前連邦捜査局(FBI)長官解任が司法妨害に当たる可能性があるとしてモラー氏が捜査していることを批判する文書をバー氏が昨年、司法省に送付したと民主党は指摘している。

原題:Barr Wins Confirmation -- and Power Over Mueller Probe’s Outcome(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE