コンテンツにスキップする

英議会、メイ首相のEU離脱戦略に「ノー」-支持問う動議を否決

  • 首相府が動議支持を呼びかけも議員応じず、メイ首相は再び敗北
  • メイ首相の計画に変更ないと首相府、採決に法的拘束力なし

英下院は14日、メイ首相の欧州連合(EU)離脱アプローチに「ノー」を突きつけ、首相の権威失墜を浮き彫りにした。

  EU離脱交渉の打開を図る首相の取り組みに支持を求める動議は、303対258で否決された。与党・保守党内のEU懐疑派から造反が続出した。首相府はメイ首相の計画に変更はないとしているが、この敗北で首相は事実上、EUに対して離脱協定の変更を求める政治的な負託を失ったことになる。

  野党・労働党のコービン党首は否決が明らかになった後で、「採決結果は首相の路線に過半数の支持がないことを示している。時間を稼ぎ、事態の好転に期待をかけ続けているだけの首相の戦略は受け入れられない」と述べた。

  離脱期限が3月29日に迫る中で議会は先月、首相がEUと合意した離脱協定を歴史的な大差で否決した。このままいけば合意なしでEUから離脱することになる。

  この日の採決結果に法的な拘束力は持たない。メイ首相はEUから妥協を取り付けるための時間的な猶予を確保しようと動議を提出。首相府は議員らに対して、動議を支持し、英国が協定内容の変更を必要としている「明確なメッセージ」をEUに送るよう強く求めていた。

U.K. Prime Minister Theresa May Seeks Escape From Brexit Backstop 'Trap'

メイ英首相

Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

原題:U.K. Parliament Throws Out May’s Plan to Renegotiate Brexit Deal(抜粋)
U.K. Parliament Throws Out May’s Plan to Renegotiate Brexit (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE