コンテンツにスキップする
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

米中通商協議、改革要求めぐり依然隔たり大きい

更新日時
A reach stacker lifts a China Railway Container Transport Corp. Ltd. shipping container at Duisport shipping port in Duisburg, Germany, on Tuesday, Sept. 11, 2018. The trade route known in Beijing as the Belt and Road Initiative is spurring $1 trillion of investment on rail, highways and ports linking Europe and Asia.
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

北京で行われている米中通商協議は現時点でほとんど進展していないと、協議に詳しい複数の関係者が明らかにした。トランプ大統領と習近平国家主席の会談までに、片付けるべき課題は多く残されている。米中首脳会談の日程はまだ決まっていない。

  非公開の同協議では、両国とも3月1日の期限後に関税が引き上げられるのを避けたい構えだが、米国が要求する構造改革を巡り、中国との距離は縮まっていないという。米中の関係者3人が匿名を条件に話した。

U.S. Trade Representative Robert Lighthizer and Treasury Secretary Steven Mnuchin Begin Trade Talks with China

ムニューシン財務長官ら米国側交渉団

撮影: Qilai Shen/Bloomberg

  米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン財務長官は、劉鶴副首相をはじめとする中国側代表団と14日に初日の会合を行った。閣僚級の同会合は15日にも予定されている。

  関係者によれば、米国側は国営企業への政府補助と企業統治の改善という中国への要求で譲らず、中国側は極めて慎重を要する案件だとして折れる姿勢を見せていない。

トランプ大統領、対中交渉期限の60日間延長を検討-関係者 (2)

  米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長はFOXニュースに対し、北京での交渉は「順調に進んでおり」、良好な「空気」が漂っていると発言。「交渉団は明日、習主席と会談する。それは極めて良い兆候だ」と述べた。

  クドロー氏はこの後にホワイトハウスで、中国での交渉の行方を「慎重ながらも楽観している」と記者団に述べた。

原題:U.S.-China Trade Teams Said to Be Far Apart on Reform Demands(抜粋)

(第1段落に追記、第3段落以降を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE