コンテンツにスキップする

米議会:予算案を公表、政府閉鎖を回避へ-トランプ大統領が署名なら

  • 国境の障壁建設費は大統領が求める57億ドルを大幅に下回る
  • 上院が14日に採決し、下院がそれに続く見通し

米議会は共和・民主両党が合意した予算案を公表した。上下両院が可決してトランプ大統領が署名すれば政府機関閉鎖が9月までは回避されることになる。

  14日へと日付が変わる直前に公表された案で国境の障壁の建設費に割り当てられたのは13億7500万ドル(約1530億円)と、トランプ大統領が求める57億ドルよりはるかに少ない。それでも、大統領は不満ながら同案を受け入れることを示唆している。ただ、署名するかどうか決める前に「地雷」が仕掛けられていないか確認するとも述べた。

  下院民主党スタッフによれば、上院は14日に採決する予定で、その後に下院が採決の見通し。両院を通過すれば、大統領の署名のためホワイトハウスに送られる運びだ。

  7つの法案から成るパッケージが15日深夜までに法制化されなければ、財務省や司法省などの政府機関が再び閉鎖されることになる。

  ローイ下院歳出委員長(民主)の声明によると、予算案では既存のものと同じスタイルの障壁のみが建設可能。同党が求めていた国境での人道支援の予算も盛り込まれた。

  シェルビー上院歳出委員長(共和)は声明で、予算は「国境の壁建設のためのまとまった額の手付金になる」と説明した。

原題:Congress Unveils Deal to Avoid Shutdown -- If Trump Will Sign It(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE