コンテンツにスキップする

仏クレディ・アグリコル、トレーディング収入落ち込む-昨年10-12月

  • 10-12月期の資本市場・投資銀行の収入は29%減少
  • 複数年の新たなビジネスプランを6月6日に発表とブラサックCEO

フランスの銀行クレディ・アグリコルが14日発表した2018年10-12月(第4四半期)決算で、トレーディング収入の落ち込みが示された。昨年末の市場の混乱で顧客が様子見姿勢を取り、仏銀の投資銀行業務にとって厳しい四半期となった。

重要ポイント

  • 10-12月期の資本市場・投資銀行の収入は29%減少。債券を中心に振るわなかった
  • クレディ・アグリコルは予定より1年早く目標を達成。アナリストや投資家は、今後は仏リテール部門の将来の収入や保険、資産運用、投資銀行の見通しに注目する可能性が高い
  • フィリップ・ブラサック最高経営責任者(CEO)は、市場の不確実性の高まりに対応できる用意が十分整っていると説明。目標の早期達成を受け、複数年の新たなビジネスプランを策定し、6月6日に発表することを明らかにした
  • クレディ・アグリコルは予想を上回る1株当たり0.69ユーロの18年配当を予定
  • 10-12月期の純利益は10億1000万ユーロと2倍強に増加。前年同期は経費負担が響いた

原題:Credit Agricole Caps Tough Trading Quarter for Top French Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE