コンテンツにスキップする

ゴールドマン:ドル売り持ちの勧めを擁護-下落予想を堅持

  • FOMCがハト派に転じたが、他の中銀もタカ派色薄めドルは反発
  • 米国の「ハト派ショック」は当局焦点の抜本的シフトを意味

ゴールドマン・サックス・グループはドル下落予想を堅持している。同社が1月上旬に促したドル売り持ちに対し異論が出ているが、ドルの下げが再開すると見込んでいる。

  ゴールドマンによるアドバイスの後にドルは下落。1月末に米連邦公開市場委員会(FOMC)がハト派に転じたものの、他の中央銀行もタカ派色を薄めたことで、今月入ってドルは反発している。 

Dollar on the rebound, but Goldman sees fresh declines

  ゴールドマンのエコノミスト、マイケル・ケーヒル氏(ロンドン在勤)は13日のリポートで、ドル下落見通しに対する「一般的な反論は、FOMCの転換は既に古いニュースであり、ここからさらに下落するには新たなハト派的驚きが必要だというものだが、われわれはそうは思わない」と記した。

  米国の「ハト派ショック」は当局者らの焦点が根本的にシフトしたことを意味するため、これからも影響が続くというのがゴールドマンの見方だという。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は今後、負のニュースに対する反応を強める一方で、前向きなニュースに引き締めで対応しなければならないという意識は弱まるだろうとゴールドマンはみている。

  米国の「リセッション(景気後退)懸念が顕著になる」か、世界の成長が「不安な水準」まで落ち込み質への逃避が起こる場合、あるいは米成長が「大きく予想を上回り」当局が再び姿勢を転換する場合は、ドルが上昇し得るとケーヒル氏は分析。「最終的に、このいずれのシナリオも可能性が低いと考えている」として、ドル指数のショートを勧めた。

原題:Goldman Pushes Back Against Pushback on Its Dollar-Short Call(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE