コンテンツにスキップする

中国の輸出が1月に回復、春節休暇控え-駆け込み出荷影響か

更新日時
  • 1月の輸出は前年同月比9.1%増-市場予想3.3%減
  • ファンダメンタルズの改善ではなく春節要因が押し上げ-謝棟銘氏

中国の1月の輸出はドルベースで予想外にプラスの伸びとなった。輸入は減少した。春節(旧正月)休暇前に企業が出荷を急いだことで、輸出が伸びた可能性がある。

  税関総署が14日発表した1月のドル建て貿易統計は以下の通り。

  • 輸出は前年同月比9.1%増の2176億ドル(約24兆円)-市場予想は3.3%減だった
  • 輸入は1.5%減-予想10.2%減
  • 貿易黒字は392億ドル

Exports Rebound

But imports are still slowing

Source: China General Customs Administration

  • 今年の春節休暇は昨年より10日程度早い時期となったため、1月の輸出を後押しした公算が大きい。多くの工場の休業前に企業は出荷を急いだ。
  • 中国の経済成長率は鈍化する見通しで、世界経済の成長も停滞気味。米国との貿易摩擦がなくても、貿易の伸びは今年弱まる可能性がある。
  • オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC、華僑銀行)の謝棟銘エコノミスト(シンガポール在勤)は「1月の好調な数字は、経済のファンダメンタルズの改善というよりも、春節要因で押し上げられた公算が大きい」と分析。「1月の実績が力強かった分、2月は予想よりも弱くなることを示唆している可能性がある。全体的には、2019年の貿易の見通しは、通商協議と世界経済を巡る不確実性によるプレッシャーに見舞われている」と述べた。

原題:China’s Exports Rebound Ahead of Holiday as Trade Talks Continue(抜粋)

(エコノミストのコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE