コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart/Bloomberg

世界の減速は米リセッション確率高め得る-ゴールドマン

  • 米景気下降もたらすには世界の成長率が4ポイント程度低下する必要
  • ハードルはかなり高いが、歴史的な水準よりは低い
An American flag is reflected in the window of a building near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Thursday, Dec. 27, 2018. Volatility returned to U.S. markets, with stocks tumbling back toward a bear market after the biggest rally in nearly a decade evaporates.
Photographer: John Taggart/Bloomberg

米国がくしゃみをすれば世界が風邪を引くとはよく言うが、逆もまた真ではないかと、ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストらは問い掛ける。

  海外の経済低迷が米国のリセッション(景気後退)を引き起こしたことは過去1世紀の間に1回もないが、世界中が相互に結び付いた現在において世界的な脅威が米国にとって重要性を増した可能性をデービッド・メリクル氏らエコノミストが検証。その結果、外国に起因するリスクは従来より高いとの結論に達した。ただ、米景気の下降を起こすには、米国を除く世界の成長率が4ポイント程度低下するほどの大きな落ち込みが必要だという。

  エコノミストらは13日のリポートで、「このハードルはかなり高いが、歴史的な水準よりは低い」とし、米経済の中で輸出が占める割合が大きくなったことと、潜在成長率が低下したためマイナス成長に陥りやすくなったことが理由と説明した。

  さらに、「海外の成長変化が米金融環境、特に株式相場にもたらす影響が極めて変動しやすく予想不能であることは、ここ数年でよく分かった」と分析した。

  エコノミストらは向こう1年内の米リセッション発生確率を14%と見積もっているが、世界の成長率が予想よりさらに1ポイント低くなれば、この確率が20%に上昇すると試算した。3ポイントならリセッション確率は46%、4ポイントなら64%になるという。

  「現在の環境下では、世界のさらなる成長減速は米リセッション確率を大きく高め得るが、減速幅は相当大きくなければならないだろう」とエコノミストらは記した。

原題:Goldman Sachs Says U.S. Exposure to Global Slump Has Intensified(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE