コンテンツにスキップする

ゴールドマンとの1MDB巡る協議で妥協せず-マレーシアPKR総裁

  • 最高幹部が状況を知らなかったということはあり得ず-アンワル総裁
  • 1MDB側が虚偽の説明をしていたことは明白-ゴールドマン広報

マレーシアが政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を舞台とする汚職事件を巡り米ゴールドマン・サックス・グループとの話し合いで「妥協することない」と与党連合の主要政党、人民正義党(PKR)のアンワル総裁が13日述べた。同行が「責任を負わなければならない」とも指摘した。

  同総裁はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ゴールドマンが関与していた可能性のある犯罪の全容を解明する責任がマレーシアにはあると語った。だが、マレーシアが1MDB不祥事の賠償としてゴールドマンに求めている75億ドル(約8300億円)については、得ることができるかどうかは分からないと話した。

アンワル総裁

Markets: The Close." (Video edited to remove incorrect graphic.) (Source: Bloomberg)
  • アンワル総裁は1MDBとの取引が進む中でゴールドマンの最高幹部が状況を知らなかったなどということは「あり得ない」と主張
  • ゴールドマン広報のジェイク・ジーベルト氏は電子メールで、「マレーシアの利益となる資金を集めるよう1MDBの起債は設計され、そこで得た正味の利益は100%、複数の1MDB口座に預けられた」
    • 「こうした資金の1セントたりとも、ゴールドマンが管理するいかなる口座を経由したことはなく、われわれの権限の下で移管もしくは預入先が変わった資金は一切ない。その代わりに、こうした資金の大きな部分が一部のマレーシア政府幹部やその関係者らの利益のために盗まれた。こうした取引から得た利益の利用について政府幹部らと1MDBがゴールドマンに虚偽の説明をしていたことは極めて明白だ」
  • 備考:ゴールドマン、新旧CEOの報酬返還させる可能性-1MDB事件で

原題:Malaysia Won’t Compromise in Goldman 1MDB Talks, Anwar Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE