コンテンツにスキップする

米消費者物価、1月もインフレの抑制示す

更新日時
Shoppers Look For Post-Holiday Deals As Buying-Climate Gauge Hits 18-Year High
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Shoppers Look For Post-Holiday Deals As Buying-Climate Gauge Hits 18-Year High
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米労働省が発表した1月の消費者物価指数(CPI)では、インフレが引き続き抑制されていることが示された。利上げに関して辛抱強くなるとした米金融当局の方針を裏付ける内容となった。

キーポイント

  • 1月の総合CPIは前月比横ばい(予想0.1%上昇)
    • 前月は横ばいに修正(速報値0.1%低下)
  • 前年比では1.6%上昇(予想1.5%上昇)-2017年6月以来の低い伸び
    • 前月は1.9%上昇
  • 食品とエネルギー除くコア指数は前月比0.2%上昇(予想0.2%上昇)-前月0.2%上昇
    • コア指数は前年比で2.2%上昇(予想2.1%上昇)-前月2.2%上昇

Running Flat

U.S. core inflation held at 2.2 percent for third straight month, while headline figure fell

Source: Bureau of Labor Statistics

インサイト

  • CPI統計はインフレ率が金融当局の目標2%付近にとどまっていることを示唆
  • 世界の成長リスクや貿易面での逆風の中、金融当局は利上げ休止を示唆している
  • 労働省が同時に発表した1月のインフレ調整後の実質平均時給は前年比1.7%上昇と、16年半ば以降で最大の伸び-総合CPIの伸び鈍化を反映

詳細

  • 住宅関連費は引き続きCPIの主要な押し上げ要素。帰属家賃と家賃は共に前月比0.3%上昇(前月0.2%上昇)、前年比では共に3%超の上昇
  • 新車は前月比0.2%上昇-同項目の上昇は昨年7月以降で初めて
    • 中古車は0.1%上昇
  • 衣料品は前月比1.1%上昇と1年近くで最大の伸び、エネルギーは3.1%低下と約3年で最大のマイナス-共に総合CPIに大きく影響
  • 衣料品の上昇は靴と女性衣料品の大幅な値上がりを反映
  • ガソリンは前月比5.5%低下、前年比では10.1%低下
  • 食品は前月比0.2%上昇、前年比1.6%上昇
  • 医療費は前月比0.2%上昇

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Inflation Remains Contained Amid Fed Patience on Rates (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE