コンテンツにスキップする

英国:1月のインフレ率、17年以来初めて英中銀の目標下回る

英国の1月のインフレ率は、イングランド銀行(英中郷銀行)が目標とする2%の水準を2年ぶりに下回った。欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が経済を取り巻く中、利上げを見送るさらなる根拠を英中銀に与えた。

  英政府統計局(ONS)が13日発表した1月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比1.8%上昇。前月の2.1%上昇から減速し、2017年1月以来の低水準となった。

Below Target

A falling inflation rate is bringing relief to Brexit-squeezed British consumers

Source: Office for National Statistics

  1月のインフレ率低下には、自動車燃料の値下がりに加え、エネルギー規制当局が1月1日付で価格に上限を設定したことに伴うガス・電力価格の大幅下落が影響している。1月のCPIは前月比で0.8%低下、下げ幅は前年同月の0.5%から拡大した。

  変動の大きい食品、エネルギー、アルコール、たばこを除くコアCPIは、前年同月比1.9%上昇。コアインフレ率は前月と変わらず、市場予想にも一致した。コア指数が総合指数を上回るのは2016年11月以降初めてだった。

原題:U.K. Inflation Below BOE Target for First Time Since 2017(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE