コンテンツにスキップする
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

ビットコイン8割値下がりで手元不如意-オプションで現金確保

  • 先物と異なり、オプションはカウンターパーティー同士の相対取引
  • カバード・コールオプションの仮想通貨版を売るマイナーも
Lights illuminate USB cables inside a 'mining rig' computer, used to mine cryptocurrency, in Budapest, Hungary, on Wednesday, Jan. 31, 2018. Cryptocurrencies are not living up to their comparisons with gold as a store of value, tumbling Monday as an equities sell-off in Asia extended the biggest rout in global stocks in two years.
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

ビットコインなどの仮想通貨を抱えている業界関係者は、価格が急落してしまったこの資産から幾らかの現金を絞り出そうと、デリバティブ(金融派生商品)を利用し始めた。

  ビットコインは2017年に1400%の値上がりしたが、その後は下落に転じ、現在の価格はピークの2割程度。

  ビットコイン取引を承認し新しいコインを生み出すマイナー(採掘者)と呼ばれるソフトウエア開発者や17年の新規仮想通貨公開(ICO)で資金を調達した企業などは、業務を続けるための現金を確保するためにカバード・コールオプションの仮想通貨版を売っている。

  17年終盤に導入されたビットコイン先物と異なり、オプションは取引所ではなくカウンターパーティー同士の相対で取引される。取引の相手方になっているのはQCPキャピタルやアクナ・キャピタルなど、ヘッジファンドや高頻度取引会社の出身者が設立した取引業者だ。 

Bitcoin’s Wild Ride

  QCPのマネジングパートナー、ダリウス・シット氏が取引の一例を説明した。QCPは先月、想定元本250ビットコイン(約90万ドル=約9960万円相当)について3カ月物のカバード・コールオプションを購入した。行使価格は4200ドル、契約時のビットコイン価格は3625ドルだった。

  4月にビットコインが4200ドル未満で期限を迎えれば、QCPのカウンターパーティーであるオプションの売り手は6万6250ドルのプレミアムを得てビットコインは手元に残る。しかし価格が4200ドルを上回っていれば、カウンターパーティーは250ビットコインをその価格でQCPに売らなければならず、4200ドルを超える部分はQCPの利益になる。

  トレーディングの専門家を相手に金融には素人の技術者がオプション取引をすることには危険もあるが、ビットコイン価格が「採掘」のコストを下回ってしまったマイナーに迷っている暇はない。

原題:Crypto Survivors Turn to Derivatives Market for Post-Crash Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE