コンテンツにスキップする

米ジャンク債、2009年以来で最良の新年に-持続性には疑問符も

  • ジャンク債の今年これまでのリターンは4.9%
  • 衝撃によって簡単に減速したり頓挫したりする-シェーファー氏
Bite-Size M&A Sought by Pimco, Franklin to Fill Product Holes

Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

Bite-Size M&A Sought by Pimco, Franklin to Fill Product Holes

Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

2009年以来で最良の新年を謳歌(おうか)している米ジャンク債の投資家は、金融当局のタカ派的な動きや低調な企業決算による衝撃を和らげるためのヘッジを減らしている。

  149億ドル(約1兆6500億円)規模のiシェアーズiBoxx高利回り社債ETFのアットザマネーのインプライドボラティリティーは昨年12月の波乱時に比べ半分以下となり、歴史的な平均水準も下回っている。オプション価格が非常に安いため、マクロ・リスク・アドバイザーズ(MRA)は昨年11月の推奨を覆しヘッジの購入を勧めている。

  ジャンク債の今年これまでのリターンは4.9%と良好だが、値上がりの持続性には疑問符が付く。エーゴン・アセット・マネジメントの副投資責任者、ジム・シェーファー氏は、「今年の高利回り債市場のように相場が勢いよく上昇する時には、当社はリスクを減らす場合が多い。このような力強い上昇は、さして大きくない衝撃によって簡単に減速したり頓挫したりする」と話した。

  投資家の確信的な強気なのか、それとも恐れを知らないのか、あるいは貪欲か。いずれにしても昨年12月の状況とは全く対照的だとMRAは指摘している。

Implied volatility in HYG has sunk below historical swings

原題:Fear Goes Missing in the Biggest U.S. Junk Rally in a Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE