コンテンツにスキップする

シュワブとフィデリティ、手数料無料ETFの提供拡大へ-競争激化

  • シュワブは3月1日から手数料無料ETFの品ぞろえ2倍に
  • フィデリティは「iシェアーズETF」含め500種類以上に

チャールズ・シュワブフィデリティ・インベストメンツは12日、手数料無料の上場投資信託(ETF)の提供を拡大する計画を相次いで発表した。投資家獲得に向けた価格競争がエスカレートしそうだ。

  シュワブは3月1日から手数料無料のETFの品ぞろえを2倍に拡大し、500種類以上とする。フィデリティは自社プラットフォームのETFの数を「iシェアーズETF」を含めて2月末時点でほぼ倍増し500以上とする計画。

  コストが高めのアクティブ運用商品がベンチマークを上回れない中、低コストのインデックスファンドやETFに投資マネーが流入している。半年前にはバンガード・グループが約1800種類のETFを手数料無料でオンライン顧客に自社のブローカレッジプラットフォームを通じ提供を開始すると発表し、業界を揺るがしていた。

  ブラックロックの「 i シェアーズ」はシュワブとフィデリティの計画の要。ブラックロックはETF運用において世界最大手で、フィデリティは手数料無料の「iシェアーズ」の提供に向け、2013年からブラックロックと提携している。

原題:Schwab, Fidelity to Expand Commission-Free ETFs in Price War (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE