コンテンツにスキップする

パッシブ型、運用資産でアクティブ型を追い抜く-米大型株ファンド

  • 運用資産の規模は昨年10-12月に逆転した-モーニングスター
  • アクティブ型が運用成績でパッシブ型を上回った割合は約24%
Markets business America
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Markets business America
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米大型株に投資するファンドの運用資産で指数連動型がアクティブ型を上回った。ストックピッカーが絶滅危惧種になりつつあるとすれば、これはその最新の兆候かもしれない。

  モーニングスターのデータによれば、運用資産の規模は昨年10-12月(第4四半期)に逆転した。このセクターでパッシブ運用のミューチュアルファンド、上場投資信託 (ETF)、いわゆるスマートベータのファンドの資産は昨年末時点で2兆9300億ドル(約320兆円)。これに対しアクティブ型は2兆8400億ドル。

Passive Passes

Assets in passively managed large-cap funds passed active funds last year

Source: Morningstar Inc.

  コストが高めのアクティブ型ファンドが市場平均を持続的に上回る運用成績を上げるのに苦慮する一方で、投資家の資金は手数料の安いインデックスファンドに流れており、運用資産の格差はこの数年で縮小してきている。こうした資金の流れを踏まえれば、米国株に投資するあらゆる規模のファンドでパッシブ型の運用資産が年内にアクティブ型を超える可能性がある。

  米ファンド4600本、運用資産12兆8000億ドルを対象にしたモーニングスターの分析によると、株式や債券、不動産に投資するあらゆるアクティブ運用のファンドが平均的なパッシブ運用の運用成績を上回った割合は昨年12月までの10年間で約24%にとどまる。

原題:Passive Funds Overtake Stock-Pickers in U.S. Large-Cap Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE