コンテンツにスキップする

米アクティビジョン、8%の人員削減へ-低調な売上高見通し受け

  • 数百人の従業員に影響か、1.5億ドルのコスト計上の見込み
  • 10-12月売上高は予想に届かず、1-3月売上高見通しも下振れ
Attendees play Activision Blizzard Inc.'s Overwatch computer game at the AOC Open e-Sports event in Tokyo.
Attendees play Activision Blizzard Inc.'s Overwatch computer game at the AOC Open e-Sports event in Tokyo. Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Attendees play Activision Blizzard Inc.'s Overwatch computer game at the AOC Open e-Sports event in Tokyo.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

ゲームソフトを手掛ける米アクティビジョン・ブリザードは全社的な事業再編の一環として8%の人員削減を計画している。低調な売上高見通しを受け、事業を軌道に戻す取り組みを進めている。

  今回の措置で数百人の従業員が影響を受けるとみられるほか、過去最高となる約1億5000万ドル(約166億円)のコスト計上が見込まれている。ブルームバーグは先週、アクティビジョンが人員削減の準備を進めていると報じていた。

  アクティビジョンは12日、2018年10-12月(第4四半期)決算に関する投資家との電話会議で、「コール・オブ・デューティ」や「オーバーウオッチ」、「ハースストーン」といった主要ゲームの売り上げが期待外れに終わったと説明。改善策の一環として、最も人気の高いゲーム関連の開発者を20%増員する一方、管理コストを削減し、販売機能を一元化する措置を打ち出した。

  同社の10-12月期の売上高は28億4000万ドルと、アナリスト予想の30億ドルに届かなかった。19年1-3月(第1四半期)の売上高見通し(11億8000万ドル)も、コンセンサス予想(14億8000万ドル)を下回った。

  12日の米株式市場時間外取引で、アクティビジョン株は一時5%下げたものの、改善策の発表を受けてその後は上向きに転じた。

原題:Activision to Cut 8% of Staff After Delivering Weak Forecast (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE