コンテンツにスキップする

ベルサイユ宮殿:ゴーン被告の結婚披露宴、私的な催しと承知せず

  • 披露宴が「組織的な性格」でないことを示唆する資料なかった-宮殿
  • 2014年に別のイベントでの宮殿使用料は16万ユーロ
relates to ベルサイユ宮殿:ゴーン被告の結婚披露宴、私的な催しと承知せず

ベルサイユ宮殿は12日、フランスの自動車メーカー、ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めたカルロス・ゴーン被告が同宮殿で開いた結婚披露宴について、企業イベントではなく私的な催しだったことを承知していなかったと説明した。

  国有のベルサイユ宮殿は電子メールで配布した資料で、この披露宴が「組織的な性格」でないことを示唆する資料はなかったとし、セキュリティー上の理由がない限りゲストの身分を特定することは同宮殿の義務には含まれないと指摘した。

  ルノーはベルサイユ宮殿と結んでいたスポンサー契約の下で支払われた5万ユーロ(約630万円)がゴーン被告の「個人的利益」のために使われたと仏当局に伝えている。ゴーン家の広報担当者は先週、本人がこの費用を返済する意向であることを明らかにしているが、ルノーが初めて開示した不正行為疑惑となった。

  ベルサイユ宮殿は2014年に宮殿で別のパーティーが開かれたとの仏紙レゼコーの先週の報道も確認。使用料は16万ユーロだったとし、ルノーからの資料では企業関連でないことが全く示唆されていなかったと説明した。レゼコーによると、200人が参加したこの催しはルノーと提携先の日産自動車の企業イベントとして計画されたが、ゴーン被告の60歳の誕生日を祝う一環だった。

原題:Versailles Denies Prior Knowledge Ghosn’s Wedding Was Private(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE