コンテンツにスキップする

米経済、年内にもリセッションに陥る可能性ーロバート・シラー教授

  • 「今年ないし来年のリセッション入りの高い確率」見受けられる
  • 長期の株式強気相場、「近いうちに終わりを迎えるとの感覚」

ノーベル経済学賞受賞者で、米エール大学経済学教授のロバート・シラー氏は12日、米経済がリセッション(景気後退)に陥るリスクは現実的なもので、年内にもその可能性があるとの考えを示した。

  米中通商対立を巡る不確実性や企業収益悪化の見通し、世界的な成長鈍化を背景に米経済が不況に見舞われるかどうかは投資家の間で最も活発に議論される話題の1つとなっている。そうした不透明な情勢の下で、過去10年近くにわたる米株価の上昇局面は昨年12月、終了寸前にまで至った。

  シラー教授はフロリダ州ハリウッドで開かれたインサイドETFコンファレンスのパネル討論会で、「今年ないし来年のリセッション入りの高い確率があると見受けられる」と指摘。「人々が心配していることを示す一連の兆候がある。株式市場は最長級の強気相場でもあり、それが近いうちに終わりを迎えるとの感覚がある」と語った。

  ブルームバーグがエコノミストを対象に実施した調査では、今後1年間のリセッション入りの確率は25%とされる。一方、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は12日、ミシシッピ州での講演で、「リセッションの可能性が高まっているとの感触はない」と話した

Stocks have gained for the longest period ever without a pullback of 20% or more

原題:Shiller Says Recession Risk Elevated Amid Longest Bull Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE