コンテンツにスキップする

モルソン・クアーズ株急落、売上高が予想下回る-過去の決算を修正

米ビール会社モルソン・クアーズ・ブルーイングの昨年10-12月(第4四半期)決算では、売上高が市場予想を下回った。同社は税務会計の誤りに伴う2年分の決算修正も明らかにした。この発表を受け、12日の米株式市場ではモルソン・クアーズ株が急落。一時8.5%安となった。

  12日の発表によると、第4四半期の売上高は24億2000万ドル(約2670億円)で、アナリスト予想の平均(25億4000万ドル)に届かなかった。

Molson Coors slides as sales drop and company restates some results

  モルソン・クアーズは最大市場である米国での販売押し上げに苦慮している。消費者の間でワインや蒸留酒がより好まれる傾向にあるためだ。第4四半期には米国での販売量は5.1%減少、カナダでも落ち込んだ。一方で欧州や国際事業は好調を維持している。

  同社はミラークアーズでの提携における繰り延べ税金負債に関して2016年と17年の決算の修正を明らかにした。発表資料によれば経営陣は、この決算修正の影響は「重大ではない」ものの、財務報告に関する社内の管理に「著しい脆弱(ぜいじゃく)性」があったと結論付けた。

原題:Molson Coors Falls After Restatement, Disappointing Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE