コンテンツにスキップする

企業価値10億ドルに迫る新興企業、女性CEOは27歳ー衣料ネット販売

  • ジリンゴはセコイア、テマセクなどから2億2600万ドルを調達
  • アジアで同規模の新興企業を経営する女性のうち最年少の1人

インドのテクノロジー中心都市ベンガルールで2014年12月に行われたホームパーティーに参加した当時セコイア・インディアのアナリスト、アンキティ・ボース氏は、隣にいた参加者の1人と会話を始めた。これが今や企業価値10億ドル(約1100億円)に迫るシンガポールのオンライン衣料販売企業ジリンゴの始まりだった。

  当時23歳のボース氏の会話の相手は、24歳だったソフトウエアエンジニアのドゥルブ・カプール氏。両氏が互いに補い合えるスキルを持ち合わせ、起業に対し同じような野心を抱いていたことに気付くのに時間はかからなかった。その4カ月後、2人は仕事を辞め、貯蓄から3万ドルずつを出し合いオンラインで衣料販売のプラットフォームを提供するジリンゴを設立した。

Ankiti Bose

アンキティ・ボース氏

Photographer: Ore Huiying/Bloomberg

  ジリンゴは今月12日、セコイア・キャピタルやテマセク・ホールディングスといった投資家から2億2600万ドルを調達したことを明らかにした。情報が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によると、最新の資金調達によって同社の価値は9億7000万ドルとなる。現在27歳のボース氏は、アジアで同じような規模の新興企業を経営する女性最高経営責任者(CEO)中でも最年少の1人だ。

  ボース氏は「私たちは夢しかない20代の若者だった。そして、それを追い求めようと決めた」と話した。

  グーグルとテマセクのリポートによると、東南アジアのオンライン販売規模は2018年に230億ドルに達した。25年までには1000億ドルを超える見通しだ。ジリンゴがシンガポールの監督当局に提出した最新の届け出によると、17年3月通期売上高は180万シンガポール・ドル(約1億4650万円)。創業開始から16年3月期までの売上高(約43万4000シンガポール・ドル)から大幅に増加した。

relates to 企業価値10億ドルに迫る新興企業、女性CEOは27歳ー衣料ネット販売

洋服を仕分ける従業員

Photographer: Ore Huiying/Bloomberg

原題:This Near $1 Billion Startup Is Led by a 27-Year-Old Female CEO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE