コンテンツにスキップする

ハト派の連鎖、ドルが3年で最長の上昇-予想転換する金融機関も

  • 米以外の中銀も利上げを控えると見込む-BNPパリバ・アセット
  • ドルは年初来の下げを消し、現在の上昇局面は16年1月以来で最長

ドルは1月30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策発表以降、全ての営業日で上昇してきた。FOMCが、昨年12月時点で今年の利上げ見通しを2回とした後、運営姿勢を180度転換させたことで、世界の他の中銀も引き締めの見通しを後退させている。

  こうした中で、BNPパリバ・アセット・マネジメントは2019年のドル下落予想を反転させ、1-6月(上期)に5%上昇すると予想した。世界的な成長減速で米国以外の中銀も利上げを控えるとの見通しが理由。

  通貨グループ責任者のモントチル・ポジャリーブ氏は、「ドルは弱含みとはなっていない。その理由は、米当局の転換は始まりにすぎず、他の中銀も皆ハト派に傾斜する公算が大きいからだ」と述べた。

  ドルは11日に0.5%値上がりし、年初来の下げを消した。現在の上昇局面は16年1月以来で最長となっている。

Dollar's eight-day rally erases 2019 losses

原題:Panicking Doves Add Fuel to Dollar’s Longest Rally in 3 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE