コンテンツにスキップする

米アルトリアがユーロ建て社債-ジュール株の買収費用調達

  • 社債42.5億ユーロ相当を4本立てで起債
  • アルトリアはジュール・ラブズ株35%の取得で合意

米たばこメーカーのアルトリア・グループは、ユーロ建て社債42億5000万ユーロ(約5300億円)相当を起債した。

  同社はジュール・ラブズの株式を取得し、急成長する電子たばこ市場への足掛かりを得ることを目指しており、調達資金は株式の買収費用に充てる。社債は償還期限が2023年と25年、27年、31年の4本立てとなる。

  フィリップモリスUSAの親会社であるアルトリアは、ジュール・ラブズ株35%を128億ドル(約1兆4200億円)で取得することで合意した。より高成長の事業に軸足を移す狙いがある。

原題:Altria Turns to Europe’s High-Grade Bond Market to Fund Juul Buy(抜粋)
PRICED: Altria EU4.25b Debt Offering in Four Parts (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE