コンテンツにスキップする

持続可能性高い米企業100社、ベストバイが首位浮上

  • ベストバイは昨年3位、昨年首位のシスコシステムズは2位に後退
  • アジレント・テクノロジーズは昨年の17位から3位に躍進
Amazon's Top-Selling Television Comes Via Its Frenemy Best Buy
Photographer: Callaghan O'Hare/Bloomberg
Amazon's Top-Selling Television Comes Via Its Frenemy Best Buy
Photographer: Callaghan O'Hare/Bloomberg

米経済紙バロンズとイートン・バンスのカルバート・リサーチ・アンド・マネジメントは、環境や社会、ガバナンスなど数百の要因に基づいて持続可能性が最も高い米企業100社のリストをまとめた。2月11日号のカバーストーリーに掲載された同リストにはベストバイとシスコシステムズ、アジレント・テクノロジーズが上位に並んだ。

主な要点は以下の通り。

  • カルバートとファクトセットによる調査では、持続可能性の高い企業上位100社の株価はS&P500種株価指数を2年連続で上回っている
  • 1位のベストバイ(BBY)のヒューバート・ジョリー最高経営責任者(CEO)は幼少期にフランスでアルプスの環境被害を目の当たりにしたことが持続可能性へのコミットメントの背景にあると説明
  • 家電量販店のベストバイは昨年、同ランキング3位だった。複数年にわたる経営改革が頭打ちになるとの懸念から株価は昨年20%下落したが、2012年にジョリーCEOが就任して以来では依然として200%余り上昇している
  • 2位はネットワーク機器メーカーのシスコシステムズ(CSCO)で、昨年の首位から後退した。同社は昨年、四半期利益が連続して市場予想を上回っており、株価は18%上昇した。同社は22年までに温室効果ガス排出量を07年比で6割削減する計画
  • ヒューレット・パッカード(HP)から分離したソフトウエアメーカーのアジレント・テクノロジーズ(A)は17位から3位に躍進

原題:BARRON’S ROUNDUP: Best Buy, Cisco Top Sustainable U.S. Companies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE