コンテンツにスキップする

韓国国会議長発言で謝罪と撤回を要求、「極めて遺憾」と安倍首相

更新日時
  • 慰安婦問題で文議長が天皇陛下に謝罪求める-ブルームバーグ取材で
  • 元徴用工、レーダー照射でも韓国に「適切な措置を強く期待」-安倍
SKorea-Japan-history-diplomacy
Photographer: JUNG YEON-JE/AFP
SKorea-Japan-history-diplomacy
Photographer: JUNG YEON-JE/AFP

日本政府は天皇陛下による元慰安婦への謝罪を求めた韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の発言に関し、韓国側に抗議した上で謝罪と撤回を求めた。

  文国会議長は7日のブルームバーグとのインタビューで、慰安婦問題に関し「一言でいいのだ。日本を代表する首相かあるいは、私としては間もなく退位される天皇が望ましいと思う。その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような方が一度おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消されるだろう」と語った。

  菅義偉官房長官は12日の記者会見で、韓国側には8日に外務省局長級で、9日には長嶺安政駐韓大使が韓国外務省に申し入れたと説明。韓国政府からは「本件発言が早期の日韓関係改善を願う文議長の思いが出たものであり、報道のされ方は同議長の本意ではなかった」との説明があったとしたものの、発言内容は「極めて不適切なもの」と語った。

  一方、安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、文国会議長の発言について「本当に驚いた」と述べ、「甚だしく不適切な内容を含むものであり、極めて遺憾である旨、厳しく申し入れを行った」と語った。

元徴用工問題

  日韓関係を巡っては、元徴用工への賠償問題でも両国の対立が続いている。日本政府は請求権協定に基づく協議を要請しているが、韓国側の同意を得られていない。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は12日、回答するよう改めて求めた。

  安倍首相は同日の衆院予算委で、韓国側の対応について「両国関係の基礎自体を否定するかのごときの態度を取っていることは大変残念だ」とした上で、レーダー照射などの問題とあわせて「適切な措置を韓国側が取ることを強く期待している」と述べた。

韓国国会議長が天皇陛下による謝罪を求める

  
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE