コンテンツにスキップする

テスラのマスク氏、重要市場ノルウェーで幹部と協議-サービス改善で

  • ノルウェーはテスラにとって3番目に大きな市場
  • テスラは欧州で「モデル3」の納車を進めている
Elon Musk
Elon Musk Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
Elon Musk
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はサービスの遅れなどで顧客の苦情が相次いでいるノルウェーを訪問した。テスラの重要市場である同国でサービス業務不備への対応を加速させるのが狙い。

  マスク氏は9日にツイッターで欧州訪問を明らかにしており、ノルウェー滞在はその一環。同社は欧州で「モデル3」の納車を進めている。

  ノルウェーは人口が500万人余りだが、通常自動車への税率を高めとする一方、低公害車には有利なインセンティブを導入している影響でテスラにとって3番目に大きな市場。ただ同社のメンテナンスおよび修理能力が追い付いておらず、サービス業務が同社の成長についていけるのか疑問が強まっている。

  現地でテスラ広報を担当するイーブン・サンボル・ロラン氏は取材に電子メールで回答し、マスク氏が週末にノルウェーのサービスチーム幹部と「建設的な協議」を行ったと説明。「テスラ・ノルウェーは2018年、サービス関連の従業員数を倍増するなどサービス業務の能力改善で重要な措置を講じた」とした上で、「こうしたプラスの展開をさらにどう加速させるかが協議の焦点になった」と説明した。

原題:Musk Holds Talks in Norway on Bigger Fix to Tesla’s Service Woes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE