コンテンツにスキップする

米の与野党の交渉担当者、11日夜に再協議-政府再閉鎖回避目指す

更新日時
  • 現在の対立点は移民税関捜査局の拘留用ベッド数を制限するかどうか
  • 4人の議員による協議は日本時間12日午前8時から再開

米議会でメキシコ国境の壁予算を巡る交渉を担当する有力議員4人は11日午後からの協議をいったん終え、ワシントン時間午後6時(日本時間12日午前8時)から再開した。担当者らは交渉を軌道に戻し、再度の政府機関閉鎖の回避を目指す。

  一部政府機関の暫定予算が失効する15日が近づく中、同問題を扱う両院協議会の民主・共和両党トップ、ローイ下院歳出委員長(民主)、レーヒー上院議員(同)、グレンジャー下院議員(共和)、シェルビー上院歳出委員長(同)が話し合いを進めている。シェルビー氏は協議終了後、議会で共和党の上院指導部と話し合いに入った。

  ローイ氏は午後の協議は「誠実」な話し合いだったとした上で、「政府閉鎖を望む人などいないと思う」と語った。

  15日以降の政府閉鎖を回避するために、議員らは暫定予算の期限を延長する法案を通過させる必要があると決める可能性がある。交渉担当者らは、週内に上下両院で採決を行うとの合意を11日に発表できると楽観的見方を示していた。

  現在の対立点は、移民税関捜査局(ICE)の拘留者用ベッドの数と目的だ。民主党は、犯罪歴のない不法移民ではなく犯罪者を拘留させるようにするためベッド数の制限を求めている。一方共和党は犯罪者のベッド数は総数に含めるべきではなく、ICEに裁量権を与えるべきだとして、ベッド数の制限に反対している。

原題:Top Border Negotiators Meet Monday Evening as Shutdown Looms(抜粋)

(再協議の情報などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE